社員座談会

ジェットスタジオで活躍している社員によるインタビュー

meeting_pic1

  • 相内 美里

    2011年度入社
    3DCGデザイナー

  • 赤崎 弘幸

    2010年度入社
    ディレクター

  • 河野 楓

    2012年度入社
    3DCGデザイナー

  • 日浦 啓太

    2012年度入社
    プロデューサー

Q. ジェットスタジオに入社したきっかけは何ですか?

meeting_pic2

  • 赤崎

    私はまず「オリジナル作品を作る」という会社のビジョンですね。これはオリジナル作品を作るというところで終結するわけではなく、コンテンツ事業展開をうたっている所がいいです。その次に、ジェネラリスト志向という点です。ひとつの作業に特化するわけでなくあらゆる業務に携わることができ、更にその先にディレクターを育てたいという会社としての考え方に共感したことが理由です。

  • 日浦

    私も色々な制作工程に携われるという所に魅力を感じた事が入社の理由です。プロジェクト全体を現場レベルで細かく把握することができたのは、現在の仕事であるプロデューサー業、マネージャー業にも大いに役立てることができています。

  • 相内

    私が入社を決めたきっかけは学内説明会ですね。まだ学生であった自分に対して、同じクリエイターとして向き合った上で分かりやすく実践的なアドバイスをもらえたのがすごい嬉しかったです。

  • 河野

    私の場合は皆さんとは少し異なるんですが、ジェットスタジオに来るまでCGの知識は全くありませんでした。ただ美大で彫刻を勉強していたので、手段は違えど物を立体空間で表現するという点で、CGには以前から惹かれていました。もともと映画なども好きで、色々な映像作品の制作に携わってみたいと思っていたこともあります。そして運よくジェットスタジオに挑戦する機会を手にすることができたので、あとは迷いませんでした。(笑)

Q. 入社して感じたことは何ですか?

meeting_pic3

  • 赤崎

    個々の業務や立場にとらわれず、いろいろなことに挑戦する機会が用意されていること。将来の目標や、やりたい事がはっきりしている人にはとてもいい環境だと思います。

  • 相内

    確かに赤崎さんは入社4年目でディレクターになられましたよね。説得力が違いますね。(笑)

  • 日浦

    その点ではCG WORLDの連載とかもそうですよね。社内でやりたい人が担当してますが、連載が終わる頃にはその人の成長をすごい感じます。

  • 河野

    私は全ての社員との距離が近い様に感じました。先輩後輩の枠をこえてそれぞれの技術や知識を常に交換・共有しています。分からないことも何時でも気兼ねなく質問しにいけるムードが、私の場合はとても助かりました。

  • 相内

    社内がいい意味でフラットですよね。社長への提案とかもできちゃう環境です。

  • 日浦

    社内環境作りの一環としては、会社全員での飲み会や部活動、季節ごとの社内イベントなど、仕事以外の活動も盛んな事も魅力だと思います。

  • 河野

    社内イベントといえば、私は夏季イベントでの貸しきりクルーズ船を毎年楽しみにしてます。クルーズ船に乗れる機会って貴重じゃないですか。(笑)

Q. 今後の抱負、目標は何ですか?

meeting_pic4

  • 相内

    私は背景モデリングを得意としているので、まずそこで自分の価値を確立したいと思います。そして、オリジナル作品を通して自分の表現したものを発信していきたいです。

  • 河野

    私はまだ学ぶことも多いのですが、今後は特に映像作品としての魅せ方・構図や構成やカメラワークでの力をつけていきたいです。彫刻をやっていた頃からものづくりに対する想いは誰にも負けないので、この想いを作品を通して人に伝えていきたいです。

  • 日浦

    プロデューサーとして、ジェットスタジオの自社コンテンツを世の中に発信するのが目標です。ジェットスタジオのメーカーとしての価値を上げていきたいと考えてます。

  • 赤崎

    私はディレクターとしてオリジナルコンテンツを作り出せたらと思います。ただ淡々と仕事をこなすのだけではなく、全員がひとつの目標に向かって熱い制作魂をぶつけ合えるような制作を引っ張っていきたいです。そういう熱い想いをお持ちの方大歓迎です!

採用担当より

弊社が企業組織として常に考えていること、それはジェットスタジオの価値をいかに上げていくかということです。そのための取り組みの1つが『オリジナルコンテンツからのコンテンツビジネス展開』になります。このときに求められるものは、制作の基盤となる技術力はもちろんですが、なにより『考える力』が求められます。
皆さんには将来的な目標や夢がきっとあるかと思います。それに向けていずれはご自身の価値を上げていかなければなりません。その際に是非、自分には何が必要なのか考えてみて下さい。もしその中で弊社の考え方・取り組み方にご共感いただけましたら、是非一度ご連絡下さい。そんなあなたにぴったりの環境が弊社にはあると信じております。皆さまからのご応募お待ちしております。